活用事例 AIカメラにより作業システム改革を行う!

導入企業

AI TOKYO LAB(サツドラHDのグループ会社・サツドラHDのAI部門)

活用したAI

画像処理

取組内容

「作業の標準化」、「作業の可視化」、「属人性の排除」等のボトルネックを、AIを活用することで定量化

効果

  • AIカメラにより顧客の性別、滞在売り場、滞在時間等の顧客行動分析や導線調査を通じ、店内の売場作りや少ないオペレーションでの営業を可能に。
  • 万引きGメンのノウハウを元に店舗の空間的リスク状態をスコアリングし、多店舗間情報を共有することで、より高い精度で万引きリスクを検知。
  • AIシフト調整システムと連動し、店長のシフト作成に関する負荷を大幅削減しつつ、振り返り・業務改善をサポート。

出典

財務省「財務局調査による「先端技術(IoT、AI等)の活用状況」について」、平成30年
https://www.mof.go.jp/about_mof/zaimu/kannai/201803/sentangizyutuzirei091.pdf  PDF